Rakuten UN-LIMITに申し込んでみた!その⑥自宅にSIMが到着しました!【内容物について・後編】

今回は、Rakuten UN-LIMITのSIMカードについてご紹介していきます。


楽天モバイルの詳細はこちら


▼前回までの記事はこちら


関連記事

docomo・au・Softbankに続く新たな携帯キャリアとして登場した楽天モバイル。今回は、サブ回線として楽天モバイルに申し込んでみましたので、楽天モバイルについてと、申し込むに至ったきっかけ、申し込み前の注意点をまとめました[…]

関連記事

前回、Rakuten UN-LIMITの概要についてご紹介したので、今回はその続編として、詳しい申し込み方法についてご紹介していきたいと思います。▼前回の記事はこちらです。Rakuten UN-LIMITと楽天モバイルの違[…]

関連記事

Rakuten UN-LIMITの申し込み関連記事の第3弾、「正式契約編」です(やっとか)。▼前回までの記事はこちら[sitecard subtitle=関連記事 url=https://koala-blog[…]

関連記事

楽天モバイルから「Rakuten UN-LIMITのSIM発送完了」という内容のメールが届きました!ということで今回は、楽天モバイルの申し込み関連記事・第4弾です。楽天モバイル 公式サイト▼前回までの記事はこ[…]

関連記事

Rakuten UN-LIMITのSIMが遂に届きました!ということで今回は、楽天モバイル(MNO)の申し込み記事・第5弾となります。楽天モバイル 公式サイト▼前回までの記事はこちら[sitec[…]




Rakuten UN-LIMITのSIMカードを見ていこう!


▼SIMは紙のスリーブに入っていました。


Rakuten UN-LIMITのSIMカードについて


▼スリーブから取り出すと、SIMについての説明が印刷された紙が入っていました。最近よくある、全サイズ対応型のSIMカードです。


Rakuten UN-LIMITのSIMカードについて


▼SIMカード本体です。


Rakuten UN-LIMITのSIMカードについて


▼SIMカード本体裏側です。


Rakuten UN-LIMITのSIMカードについて


SIMカードのサイズ合わせについて


Rakuten UN-LIMIT のSIMは、(例えが下手ですが)子供向け雑誌の付録のように、手でパキパキとプラスチックを折っていくタイプになります。このタイプのSIMを折るのは初めてで、どの程度力を入れて折るのかがわからなかったので慎重にやりましたが、意外と簡単に出来ました。力任せに勢いよく折ろうとするとICチップ(金属部分)が破損するかもしれないので、力加減を調節しながらゆっくり折れば大丈夫です。

それから、nanoSIMサイズに折る方が一番多いと思うのですが、標準SIMサイズから一気に折れませんのでご注意ください。標準SIM→microSIM→nanoSIMへと段階的に折っていく必要があります。この時に折ったSIMの外側部分のプラスチックが出るので、これがかなり小さいパーツになります。ご自宅に小さなお子さんやペットがいる場合、誤飲する可能性もあるので手の届かない所で作業するようにしましょう。


また、一度折ってしまうと修正が効かないので、使用予定のスマホのSIMサイズを予め確認してから折るように気を付けてください。DSDS機、DSDV機で複数スロットあるスマホですと、スロットによってmicroSIMを挿す機種も存在します。(実は、我が家にあるZenFone3がそうなんです。スロット1がmicroSDカードと排他利用なので、ここに入るSIMはmicroSIMだけというね。)


※楽天SIMをZenFone3に挿してみた結果について(前回から追記)


あ、ZenFone3の話が出たのでちょっとだけ。前回から状況は変わらず、ZenFone3では未だに接続出来ていないです。


※後日追記 ASUS ZenFone 3で使えました

ZenFone 3で使えない状態がしばらく続き、下にも色々と書いていますが、設定等を見直した結果普通に使えるようになりました。詳しくはこちらの記事で解説しています。


関連記事

以前の記事で、「楽天回線エリア内では、ZenFone3で楽天モバイル・Rakuten UN-LIMITの利用はほぼ不可」という内容をお伝えしていましたが、あれから更に調べて試した結果、なんと楽天回線エリア内で普通に電波を拾えるようになった[…]


▼アンテナと「4G」という文字が出てきて「お…!」と思いきや、


楽天SIMをZenFone3に挿してみた結果について


▼4Gという表示が消え、アンテナだけ残り、


楽天SIMをZenFone3に挿してみた結果について


▼はい、バッテン付いちゃいましたー、残念!


楽天SIMをZenFone3に挿してみた結果について


という具合です。右側の時刻を見てもらえばわかると思うのですが、これがたった2分間の間に起きています。


今のところ分かっているのは、機内モードのON・OFFと繰り返すと4Gが一瞬だけ表示されるということ、それから、詳細な条件はわからないですが、Wi-Fiで電波を拾っている時は2枚目と3枚目を不定期に繰り返している、ということです。(基本的には3枚目のバッテンの状態で、ふとアンテナに目をやると時々バリ5で立っているという状況。)

そもそもZenFone3自体が古く、セキュリティパッチもしばらく更新されていないような端末なので、楽天回線(楽天エリア内)で使うのは正直厳しいんだろうなぁという印象です。


新しいスマホに買い替えたいのですが、最近のスマホはサイズがデカすぎるんですよね。スマホは片手で操作したいので、6インチ・190gオーバーがザラになっている今のスマホは片手で操作はしんどい。

ZenFone3は5.2インチ・144gなので、これに近いスマホを求めている訳ですが、これがなかなか難しいんです。同様のサイズのスマホはどれもZenFone3と同等もしくは下位互換製品という感じで、何万円も払ってわざわざ買う気になれないんですよね…。(画面サイズ小さくなっているのにZenFone3より重いとか、CPUが低スペックでアプリを複数開くともっさりしそうなものとか。)


これいいなと思ったサイズ・スペックのスマホを見つけても、サブ端末として買うには値段が高すぎたり、対応Bandが日本向けじゃなかったり、技適の問題があったりと、本当にスマホ選びって難しいと痛感しています。まぁ詰まるところ、ZenFone3が最高過ぎるってだけなんですよね(笑)。


▼後日追記2

散々悩みまくった結果、お買い得だったAQUOSを買っちゃいました。タフなボディやイヤホンジャックの重要性なんかも話しているので、もしよかったら併せてご覧ください。


関連記事

今回は、goo Simsellerで購入したAQUOS Sense 3(SH-M12)の外観レビューと、SIMトレーにSIMを乗せて入れるところまで解説していきたいと思います。AQUOS Sense 3の写真レビューだけ読みたい方[…]





まとめ


今回は、Rakuten UN-LIMITのSIMについてご紹介しました。


楽天モバイルの詳細はこちら


▼続きはこちら


関連記事

今回は、実際にスマホへSIMを入れて接続を確認するところから、Rakuten Linkでアクティベーション(登録&SMS認証)を完了させるところまでご紹介していきます。楽天モバイル 公式サイト▼前回ま[…]




▼関連記事はこちら


関連記事

今回は、関西電力系列の株式会社オプテージが運営している格安SIM「mineo(マイネオ)」について、実際の速度や評判を踏まえながらご紹介していきます。mineo(マイネオ)の詳細はこちらMafRakuten[…]

関連記事

格安SIM(MVNO)の中でも、SIM契約回線数シェアが2年連続NO.1の「IIJmio(みおふぉん) 」について、特徴や実際の回線速度を踏まえながらご紹介します。 IIJmio(みおふぉん) 公式サイトよりスクリーン[…]

iijmio公式サイトより引用
関連記事

突然ですが、皆さんスマホはどのキャリアで契約していますか?楽天市場で有名な楽天も新たなキャリアとしてスマホ通信業に進出してきたことで、さらなる競争が予測される通信業界。現在、料金が大手キャリアよりもはるかに安くなる格安SI[…]

関連記事

昨今、格安SIMに乗り換える方は増加しており、2019年の時点で全体の18%を超えています。料金の安さが魅力の格安SIMですが、通信速度が遅いといった声も見られるのが現状です。そんな中で、速度も安定しており、大手キャリアよりも安く[…]

関連記事

突然ですが、「燕麦」ってご存じですか?燕麦(えんばく)はオーツ麦とも呼ばれ、オートミールのもとになっている穀物のことです。日本の家庭にはあまり馴染みのないオートミールですが、非常に簡単な調理でほぼお粥のように食べることが出来ますし、脱穀し[…]

関連記事

前回は楽天西友ネットスーパーの会員登録(or ログイン)から注文するところまでご紹介しましたが、今回は、実際に自宅に商品が届くまでをレビューして参ります。[sitecard subtitle=関連記事 url=https:/[…]