【カレコ・カーシェアリングクラブ 超詳しい利用方法・注意事項まとめ】

今回は、乗車カード不要スマホや既に持っているSuicaドアロックが解除出来る「 カレコ・カーシェアリングクラブ 」詳しい利用方法、注意事項をご紹介します。


カレコ・カーシェアリングクラブ 公式サイト




カーシェアとは?


画像はイメージです


「会員同士でクルマを共同利用するシステムのことで、レンタカーよりも短時間の利用を想定して料金設定されているサービス」のことをカーシェアリング(カーシェア)と言います。

また、車両が保管されている駐車場のことを「ステーション」と呼びます。


拠点数について


画像はイメージです


基本的にカーシェアの車両は、自社のコインパーキング空きスペースに保管されていることがほとんどで、レンタカーの店舗よりも圧倒的に身近な存在です。

例:レンタカー大手 A社 全国約830拠点 カレコ・カーシェアリングクラブ 全国約3,000拠点〉

カレコ・カーシェアリングクラブ では、多くのステーションが自社の「三井のリパーク」内に設置されています。


予約方法について


画像はイメージです


「パソコン・スマートフォン」、または「カレコ・カーシェアリングクラブ公式アプリ」から24時間いつでも予約可能です。

利用の2か月前から予約可能なので、事前に予定が分かっている場合は早めに予約を入れると確実です。

また、カーシェアならではなのが、利用時間の直前まで予約OKなので、空車があれば思い立ったらすぐ予約して即乗ることが出来ます。

筆者自身の体験談として、「夜遅くまで自宅で友人達と話し込んでいたら終電が無くなってしまい、カーシェアをすぐ予約して友人達をそれぞれ家まで送り届けた」ということがありました。他にも公共交通機関がマヒしていた時等、様々な場面で「すぐ予約・すぐ乗れる」というこの便利なサービスの恩恵を受けています。

さらに、予約時刻の直前までキャンセル出来て手数料も発生しないので、急な予定変更にも柔軟に対応しているのが良いところですね。


カレコ・カーシェアリングクラブ 公式サイト

利用方法について


①予約した車が保管されているステーションまで向かう。

②自分の予約した車かどうか、「車種」「カラー」「ナンバー」で確認。

③車に設置されているICカードリーダーに、乗車カード(手持ちのSuicaやPASMOカードになり、事前登録必須)をかざす、

あるいは、スマホ会員ページにログインして「利用開始ボタン」をクリックする。

④カードの読み取りや認証に成功すると、ドアが開錠。

⑤グローブボックス内にあるエンジンキーを取り出し、エンジンをかけて出発!


大まかに言うとこのような流れになっています。


https://www.careco.jp/より引用


他のカーシェアサービスですと、会員カードの携帯が必須になり、忘れると利用が出来ませんが、 カレコ・カーシェアリングクラブ では、「スマホでログイン」 or 「乗車カード=手持ちの交通系ICカード(Suica、PASMO等)」2パターンでのドアロック解除が可能なので、非常に便利ですね。

普段からスマホやSuicaを持ち歩いている方も多いでしょうから、外出先で急にカーシェアを利用することになっても安心ですね。


初心者の方にありがちなのが、利用中、一時的に車を離れる際のドアロックについてです。この場合は、車内グローブボックスに入っているエンジンキーを使って施錠します。スマホ「利用開始ボタン」や、「乗車カード(手持ちの交通系ICカード)」を使ってのドアロックは、利用開始時と返却時のみです。筆者自身も最初の利用時にうっかり間違えそうになったので、皆さんも気を付けてくださいね!

手持ちの交通系ICカードを乗車カードとして登録するには、利用前の手続きが必要なので簡単にご紹介します。


三井物産グループ[カレコ・カーシェアリングクラブ]


【手持ちの交通系ICカード(Suica、PASMO等)を乗車カードとして登録する方法】

①予約開始10分前から利用時間の間に、スマホから会員ページにログインします。「ご利用可能な予約」 or 「ご利用中の予約詳細」予約詳細画面「ICカード」を開きます

車両の窓ガラスに設置されているカードリーダーの「緑」と「赤」のランプが点滅しているのを確認し、登録したい交通系ICカードをかざします

③スマホの画面「ICカードの登録が完了しました」と表示されたら登録完了です。


返却時は、貸出場所のステーションに車を戻しましょう。

カーシェアは、そのステーションにあるその車を皆で共有利用する、というのがコンセプトなので、レンタカーのように乗り捨ては出来ません

車内に忘れ物などがないかチェックし、ライトやワイパーをOFFにし、エンジンも切りましょう。

あとは借りた時と反対の手順で、グローブボックスにエンジンキーを戻し、スマホで会員ページにアクセスし「利用終了ボタン」をクリック or カードリーダーに乗車カード(登録した交通系ICカード)をかざして施錠されたのを確認し、終了です。

カーシェア専用駐車スペース車を保管しているので、他の車が駐車しないようスタンドサインが置いてあるところがほとんどです。利用後必ず元の位置に戻しましょう


カレコ・カーシェアリングクラブ 公式サイト

利用中の主な注意事項


画像はイメージです


・全車禁煙 

・運転者は会員登録している本人のみ 

・ペットの乗車禁止 

・事故の際の連絡必須 

・車両情報システム機器(ドライブレコーダー等)への不正・不要な操作の禁止 

・灯油の積載禁止 

・ゴミ放置の禁止


レンタカーと同じような内容になりますが、タバコについては少し異なります。

レンタカーには喫煙車が設けられていることがありますが、カーシェアには禁煙車しかありませんタバコを吸われる方は、必ず車外に出てから吸うようにしましょう

後述しますが、もし車内で吸った形跡臭いが残っていた場合サポートセンターから注意されるのでルールは必ず守るようにしましょう。


給油・洗車について


https://www.careco.jp/より引用


カレコ・カーシェアリングクラブでは利用時間中給油・洗車を行うと、翌月以降の利用料金として使用できる「割引クーポン」発行されるシステムになっています。ガソリンスタンドに行く時間分の料金をそのまま返却してくれる、と考えるとわかりやすいです。

全車両「給油・洗車カード」車内マニュアルのホルダーに入っています対象ガソリンスタンド専用クレジットカードのような機能を持っており、これで支払いを行えるので一時的に代金を負担することもなく安心ですね。精算時会員本人の名前でサインをし、受け取ったレシート会員IDを記入の上、「給油レシート入れ」と書かれた透明ホルダー収納しましょう。


・20リットル以上、かつ、満タン給油 → 300円分クーポン進呈(レシートを確認されるので連絡不要)

・水洗い洗車(2,000円以内) → 500円分クーポン進呈(レシートを確認されるので連絡不要)

・20リットル以上、かつ、満タン給油+水洗い洗車(2,000円以内) → 800円分クーポン進呈(レシートを確認されるので連絡不要)


対象のガソリンスタンド

・ENEOS ・(昭和シェル ・コスモ石油 ・ESSO ・Mobil ・東燃ゼネラル


泥だらけの道や舗装されていないような山道を走るようなことがない限り、水洗い洗車はしないのでは…と個人的には思っています。

基本的に会員が車の洗車や清掃を行うとはいえ、定期的にメンテナンスが入っているようなので、そこまで汚いと感じることはほぼないかと。


車内の清掃について


画像はイメージです


会員同士で車両を共有利用しているので、使った後利用者自身が必ずゴミを持ち帰り、汚れがあれば掃除をしてから返却するのがマナーとなっています。後部トランクスペース「おそうじキット(消臭剤、ウェットシート等)」用意されているので、こちらも併せて利用するといいですね。

稀にですが、前の利用者のゴミ車内にそのまま放置されていることがあります。

筆者も数十回とカーシェアを利用してきましたが、残念ながら一度だけ遭遇しています。

レンタカーの場合だと、必ず貸し出し前に清掃が入り、こういったことはほぼ起きないので、「ゴミが落ちてることがある車に乗るなんて絶対にありえない」という方は正直なところ、カーシェアの利用に向いていないでしょう。

カーシェアで乗車時車内の汚れタバコ・ペットの臭いその他異臭を確認出来た場合、必ずサポートセンターに連絡しましょう。

運営会社は直前の利用者を把握しているので、当事者本人に直接注意を促してくれます。何度も注意を受けているのに全く改善がされない会員に対しては、会員資格を取り消される場合もあるようです。

お互いが気持ちよく利用出来るよう、綺麗に使うことを心がけましょう。


車内設備について


画像はイメージです


・カーナビ ・ETC ・子ども用シート(対象年齢:4-10歳位まで) ・おそうじキット(消臭剤、ウェットシート等)

全車両に搭載されています。 4歳未満の小さなお子さんを乗せる際は、各自でチャイルドシートを用意する必要があります。


スマホや携帯音楽プレイヤーの接続&充電について


画像はイメージです


ドライブに音楽は欠かせない存在ですよね。 カレコ・カーシェアリングクラブの車両では、スマホiPodウォークマン等に入っている音楽Bluetooth経由で接続し、車内で楽しむことが出来ます。(一部車両を除く)

また、USBシガーチャージャー全車両に搭載されているので、充電も可能です。ただし、USBケーブルは用意がないので、各自で持参するようにしましょう。


三井物産グループ[カレコ・カーシェアリングクラブ]


まとめ


今回は、カレコ・カーシェアリングクラブについてご紹介しました。


カレコ・カーシェアリングクラブ 公式サイト


▼詳しい入会方法や料金、補償制度についてはこちらの記事でご紹介しています。よろしければ併せてご覧ください。





▼関連記事はこちら