【画像多め】Google アシスタントを無効にする方法について詳しく解説!【不要な機能はオフに】

今回は、ホームボタン長押しで勝手に起動してしまう「Googleアシスタント機能」を無効にする方法について解説していきたいと思います。




Googleアシスタントを無効にする方法について


※AQUOS Sense 3(Android 9)で操作しています。お使いの端末・バージョンによって、設定方法が若干異なる可能性があります。


▼まず、設定アプリを開き、下の方にある「Google」をタップ。



▼次に、「アカウントサービス」をタップ。



▼「検索、アシスタントと音声」をタップ。



▼「Google アシスタント」をタップ。



▼「アシスタント」をタップ。



▼アシスタントのタブに切り替わったら、下にスクロールし「スマートフォン」をタップ。



▼「Google アシスタント」のスイッチをオフにします。



▼このようにスイッチがグレーに変わったら、Googleアシスタントが無効になっていますので、設定が完了しています。



これで誤ってホームボタンを長押ししてしまっても、Googleアシスタントが起動しなくなるので操作性が向上し、ストレスなく使えます。 もしまたGoogleアシスタントを使いたくなった場合は、先ほどの手順でGoogleアシスタントの設定画面に進み、「Googleアシスタント」のスイッチをオンにすれば元に戻すことも出来ますので、安心してくださいね。


まとめ


今回は、Googleアシスタントを無効にする方法についてご紹介しました。




▼関連記事はこちら