【完全無料なのにゴールド?】Revolutカード(スタンダード)が届いたので写真レビュー【画像多数】【VISAデビット】

今回は、Revolutカード(スタンダード会員のデビットカード)が到着したので、写真と共にご紹介していきたいと思います。


▼Revolutのアプリについて、また、無料・かんたんな手続きで発行出来るRevolutカードの取得方法については、こちらに記載しています。


関連記事

今回は、英国発祥の金融サービス、Revolutの始め方・登録方法について、画像付きで詳しくご紹介していきます。rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="0d6a1c45.00d4[…]

関連記事

英国発祥の金融アプリ・Revolutのデビットカード(VISA)が無料で発行できるとのことなので、早速発行してみました。また、デビットカード申込みと同時に出来る、Google Payの登録方法についても併せて解説していきます。[…]

Revolutカード(スタンダード)をレビュー


到着予定日よりもバチバチに早く届いた


申込み日:9/21 → 実際の到着日:9/28 (アプリに記載されていた到着予定日は10/10)

Revolutカードは約1週間で到着しました。到着予定日が約3週間後だったので、想定よりもかなり前倒しで届きました。
というよりか、予定よりあまりにも早すぎてちょっと拍子抜けしました。


とってもシンプルな封筒


▼真っ白のシンプルな封筒で、普通郵便でポスト投函されていました。ポストに届くという話を聞いていたので、カード到着前にRevolutへ1円も入金していなかったのですが、到着前に入金している方は気になるかもしれないですね。
ただ、万が一ポストから封筒が盗まれたとしても、利用前にアプリでカードを有効化する必要があるので、Revolutに残高があっても他人に不正利用されることはないようです。
しかし、前述の通り、アプリに表示されている到着予定日よりも早く来る可能性もあるので、Revolutカード申込みから数日~2週間後は、ポストをこまめにチェックするといいでしょう。


Revolutカードの封筒
真っ白。


▼「海外からの発送だった」という方をネットで見かけていたので、今回はどこから来るのかとドキドキしていましたが、なんと普通に東京・六本木のオフィスから届きました。
海外発送だと時間がかかる上に、雑に扱われるケースもザラにあるので、そういった意味でも国内発送の方が安心ですね。


Revolutカードの封筒
普通の紙封筒です。


〈ちょっと話が脱線します〉

上の写真を見ていただいた後なのでお分かりだと思いますが、封筒に無駄なイラストやロゴが無い上、驚きの白さをしており、「こんな封筒でカードを送るRevolutは大丈夫なの?」と不安になりそうですが、他にも、Revolut同様、無地で白い封筒に、スマホのSIMカードを入れて送ってきた企業があります。


▼――そう、皆さんご存じ楽天モバイルです。


楽天モバイルの封筒
白い。


楽天モバイルのような大企業でも、こういったシンプルイズベストな封筒を使う訳です。
こういった簡素な封筒で送られてきたからと言って、中に入っているRevolutカードやSIMカードに重大な不具合が生じるでしょうか?まったくもって問題ないと思います。


楽天モバイル 公式サイト


「第一印象が大切なのに、一番に目に付く封筒にお金をかけない企業はあまり好みでない」と感じた方は、国内の大手老舗・長寿企業のサービスを利用し続けていくのが(精神衛生的にも)おすすめです。
Revolutは”外資系”かつ”スタートアップ企業”なので上記とは全く正反対の位置付けとなりますが、為替レートや送金手数料もあらゆる金融サービスの中でも破格を銘打っており、封筒をシンプルにすることによって削減できたコストがどこに還元されているかは明白だと思います。


いざ、開封


〈本題に戻ります〉

話が思いっきり脱線していました。やっと本題に戻ります。


▼封筒を開けると日本語と英語で「カードを有効化にしてから使ってね」と書いてある紙が入っています。

上に英語で下が日本語だと、さながら”日本人観光客の多い海外ホテルの案内冊子”や”ショッピングモールのパンフレット”のようで、ほんの少しテンションが上がります。


Revolutカード同封書類
Revolutの発音は「レボリュート」で正しいようです。


例の楽しいアレ


▼先程の案内の下からグラデーションが綺麗な紙製のケースが出てきました。右の黒い部分を引っ張ると…


Revolutカードが入ったケース
ここからの画像は、グラデーションがはっきりわかりやすいように画像加工しています。


▼ケースの両端から中身がスライドして出てきました!Revolutカード本体も収納されています。

このケースを収納したり出したりする時に出る「カシャッ、シャッ」という音と一緒に、収納した時に手に伝わる何とも言えない感触、また、ド素人には製作工程が理解不能な”ギミック感”が地味に凄く楽しい。
大人になってからこういった紙工作(?)に触れる機会が無かったので、無心でケースをカシャカシャしている時間だけは、少し子どもに戻れました。(笑)


Revolutカードが入ったケース
右側を引っ張るだけで左からも同時に台紙が出てくるって、一体どういう仕組みなんだろうか。


▼ケースの右側をひっくり返すと、Revolutカードについて案内が載っています。


Revolutカードが入ったケース
シャッ


カード本体は美しいグラデーション


▼こちらが本体です。青と紫のグラデーションが非常に綺麗です。マット感がありつつも、明かりを当てるとキラキラ光る不思議なカードです。
日本のクレジットカードではあまり見かけない、銀色の小さな長方形チップが付いています。(A○EXプラ○ナやラグ○ュア○ーカードに付いているチップと似てる?思い、見比べると全く違うという。)

会費無料のスタンダードカードなので、カード番号・有効期限・氏名は表面にエンボスで印字してあります。
ちなみに有料の上級会員のカードは、カード情報が全て裏面にエンボスレスで載っています。
個人的には、スタンダード会員のゴテゴテしたエンボスも含め、全体のデザインも個性的なのでこっちが好みです。
右上にはリップルマークが付いているので、VISAタッチ決済(コンタクトレス)も利用可能です。


Revolutカード
こういう我が強いデザイン、好きです。


▼カード裏面です。太めの磁気ストライプの主張が強いですね。

Revolutカードは世界中のATMで預金を引き出せるのですが、ICチップに対応していない古めのATMでエラーが発生し辛いようにという理由で、あえて太くしているのでしょうか??
普通の磁気ストライプの1.5倍はありそうです。
署名欄は長くて良かったです。デビットカードではありませんが、最近のクレジットカードは裏面にも情報がてんこ盛りで、”署名欄がハイチュウの長い方の辺より小さい”なんてこともありますからね。
書くのも読むのも一苦労という。


レボリュートカード
裏面もちゃんとグラデーションしています。表面全く同じではなく、地味に色が反転しています。


無料デビットなのにVISAゴールド優待が使える摩訶不思議カード


▼カード裏面の右下には”VISA GOLD DEBIT”と記載があります。調べたところ、どうやらVISAが提供しているゴールド優待特典が使える仕組みのようです。
このゴールド優待は、年会費5.000円程度のゴールドカードを中心に提供されているものなのですが、なぜか年会費・他手数料無料で作れるRevolutカードでも優待が利用出来てしまいます。
Revolutカードはデビットカードですが、クレジット、デビット問わず、対象のカードであればこの優待の恩恵を受けられるみたいです。無料なのに凄いですね。


Revolut Card
マットだけれどもラメっている感じが伝わるでしょうか。


まとめ


今回は、Revolutカードの実物を、写真と共にレビューして参りました。

スタンダード会員(月額0円)のRevolutカードは、手数料無料で発行出来ます。

スタンダード会員はRevolutカードを無料で利用出来るのにもかかわらず、通常のカード決済機能に加え、高セキュリティなICチップ、VISAタッチ決済(コンタクトレス)機能、Google Payでの支払い機能を備えており、さらに、15種類以上の主要通貨に手数料無料で両替出来る他(750,000円/月まで)、海外ATMから現地通貨の引き出しも25,000円/月まで無料で行えるとあって、まさに至れり尽くせりですね。

こちらの記事を読んでRevolutカードが気になった方は是非、スマホにRevolutアプリをダウンロードしてみてくださいね♪

▼関連記事はこちら


関連記事

今回は、Google Payにクレジットカード(デビットカード・プリペイドカード)を登録し、QUICPay(あるいはID)として使えるようにする方法について詳しくご紹介します。rakuten_design="slide";r[…]

関連記事

先日、おサイフケータイに三井住友の家族カードをGoogle Payに登録しようと試みたところ、全く予想していなかった展開になり、本人確認の作業にかなり手間取ってしまいました。その時に、「本人認証の手順について事前に知っていたらこん[…]

関連記事

政府のキャッシュレス還元を受け、今現在日本には多くのQRコード決済がありますが、中でも圧倒的なユーザー数を誇る「PayPay」の登録方法について今回はご紹介したいと思います。rakuten_design="slide";ra[…]

関連記事

最近は感染症対策ということで、現金やクレジットカードなどの”店員さんと間接的に触れてしまうような支払い方”を出来るだけ避けている方は多いのではないでしょうか?そんな中、再び注目されているのが”手を触れることなく支払いが出来る電子マ[…]

関連記事

今回は、mixiの無料バーチャルカード「6gram」の登録から、実際にQUICPayが使えるようになるまでを画像付きで解説していきます。rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="[…]

関連記事

今回は、mixiのプリペイドカードアプリ「6gram」のチャージ方法(クレジットカードチャージ)について、画像付きで解説していきます。▼前回の記事はこちら[sitecard subtitle=関連記事 url[…]

関連記事

前回の記事で、ローソンのお試し引換券の取得方法についてご紹介しましたので、今回は実際に店頭で引き換えてみましたので、こちらについてと、利用する際の注意事項について詳しく解説していきます。rakuten_design="sli[…]

関連記事

楽天カードの新デザインにミニーマウスデザインが追加されましたので、今回はこちらについてご紹介していきます。楽天カード公式サイトrakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="0[…]

関連記事

Booking.comカードは三井住友カードとBooking.comが提携して発行しているクレジットカードで、いつでもどこでも常時1%が自動的にキャッシュバックされる大変お得なカードです。Booking.comカードを利用してホテ[…]

関連記事

今回は、Oricoカードの利用明細が2020年10月から有料になるという話を聞き、新しくWeb明細に切り替え申し込みをしてみたので、簡単に解説したいと思います。切り替え方法だけ知りたい方は、目次から「Web明細の申し込み方法」まで読み飛ば[…]