放送大学の入学案内を資料請求してみた!②開封編【画像付きで詳しくご紹介】

  • 2020年3月3日
  • 2020年9月25日
  • 節約

通信制の大学でお馴染みの放送大学ですが、今回は前回に引き続き学校の資料請求についての内容になります。放送大学の入学案内資料が届きましたので、早速中身を確認していきたいと思います。




放送大学の入学案内を取り寄せることにしました


簡単に説明すると「放送大学の学生になって学割を酷使すると節約出来る、しかも勉強も出来る」ということで資料請求することに。

▼社会人の筆者が放送大学に興味を持った詳しいきっかけ、ネットでの資料請求の仕方などは前回の記事にまとめています。よろしければ一緒にご覧ください。



放送大学の資料が届きました!


▼資料請求したのが、昨日の14:07。



▼で、今日の11:00にポストに投函されていました。願書締め切りの近い平日だからなのか、あっという間の到着です。


出典:日本郵便公式HP


▼雨で濡れないように透明なビニールに包まれて届きました。


住所書いてあるので色々修正しています。


▼裏はこんな感じ。冊子が見えますね。



▼ビニールから中身を取り出しました。封筒の端がくしゃくしゃですが、中の冊子類は折れたりしてないので大丈夫です。



▼案内状ですね。社会人になってから「こういった書類には案内状を付けるのが常識」というのを知ったのですが、A4用紙の半分も文章書かないのに毎回印刷してて本当に紙の無駄だよなぁ思っていました。ビジネスマナーとして定着しているので放送大は何にも悪くないんですけどね。特にFAXの「これ含め計〇枚です」っていう1枚目の用紙の必要なさは尋常じゃない。それぐらい端っこにでも書いとけ!!(笑)



▼心理学系の科目たくさんありますよ、っていう触れ込みのチラシ。



▼放送大学の入学案内パンフレット。



▼学生募集要項。



▼願書セット。封筒付です。



▼授業科目案内。シラバスが掲載されています。



他には、今学期の単位認定試験の日程についてのチラシが同封されていました。東京オリンピックの関係で大学院の試験日程がいつもと違うらしいです。大学院に入る予定はないのでスルーです。

ここからは重要な募集要項について中身を見ていきます。


▼大学の概要。放送大学は「教養学部教養学科」のみの単科大学だそうです。大学院と同時在籍も可能なんですね。



▼授業について。「放送授業」「面接授業」「オンライン授業」の3パターンに分かれています。初年度は放送授業の受講が必須なようです。面接授業は人気の科目だと抽選になります。これは普通の大学と一緒ですね。



▼全科履修生のコースについて。6つのコースに分かれており、出願時に1つ選択します。学期の途中でなければ後から変更も出来るみたいです。



▼授業の視聴方法について。ちょっと前までは地デジで見られたのに今はBS放送に変わっちゃったんですよね。我が家のようなBS映らない家庭もあるんじゃよ…。ま、ネット配信とradikoで勉強できるので全然問題ないけどね!(かがくのちからってすげー。)



▼単位取得の流れ。筆者は卒業を目的としていない前回記事ので、ここはさらっと読み流します。



▼学習センターや学費について。



▼学費納入方法。筆者の場合は初年度の学費が3.5万円と10万円を超えていないので、クレジットカードチャージしたnanacoで支払いがよさげかな。



▼募集要項を確認していきます。全科履修生(1年次入学)は、下記表の基準を満たしている方のみ入学が許可されます。それ以外の方は選科履修生・科目履修生としての入学になります。ちなみに、放送大学は生涯学習を目的として設立された大学なので、入学筆記試験はありません。全科履修生は高卒 or 高卒程度の資格を有し、授業料を納入さえすれば、放送大学の門は開かれます。



▼外国籍の方や帰国子女の入学について。



▼体に障がいを持っている方の入学について。事前面接で対応できる特別措置について相談の上、決定されるそうです。



▼こちらの特別措置願を書いて送るみたいです。



▼特別措置願の裏面。車椅子での入室や、試験時間の延長などの内容が認められるようです。



▼さて、出願に必要な証明書についてです。



▼高校の卒業証明書か卒業証書の白黒コピーでOKだそうです。自宅に卒業証書があればコピーで済むので楽ですね。



▼大学・短期大学・大学院を卒業してる方も学位記の白黒コピーが使えます。卒業見込証明書は数枚持っているんですが(卒業ギリギリまで就活の面接を受けまくる毎日で、自宅に常備していたのがまだ余ってる)、これじゃダメっぽい。卒業証書探すか。



▼出願について。インターネット出願と郵送出願が出来ます。学生時代はネット出願が無かったので全て郵送だったなぁ。便利な世の中になりましたよねー。かがくのちからってすg(ry



▼インターネット出願について①。メールアドレス、顔写真、証明書類が必要を用意しましょう。



▼インターネット出願について②。公式HPにもわかりやすく書いてあります。



▼郵送出願①。郵送って「ザ・願書」って感じですよね(どういう意味だよ)。



▼郵送出願②。ああ!これこれ!入学願書ってこういうのですよね!!全部手書きで最後に顔写真を糊で張り付けてさー!郵便局の窓口で簡易書留で出すので地味に送料が痛いんですよね。懐かしいです。こんなところでノスタルジー。



▼郵送出願③。願書出たー!この色付きの厚紙!!写真ってこんなに小さかったっけ?履歴書の写真よりだいぶ小さいので注意。(30×24mm)



▼郵送出願④。出願用の専用封筒ですね。ちゃんと「出願書類在中」って印字してある!なぜかこの一文だけ手書きにさせる学校がほとんど(受験した学校がたまたまそうだっただけ)で「自分とこの住所や大学名は印字してるのに不親切すぎじゃね?」と毎回思ってました。合否判断に使うわけでも無かろうに。



ここまで簡単に入学案内の資料についてご紹介しました。

1学期の入学募集の締め切りまであまり時間がないのですが、入学するかどうかまだ悩んでいます。

せっかく入学するんだったらちゃんと単位を取りたいので、勉強する時間を確保出来るかが不安なのと、初年度の3.5万円が今の家計の状況だと捻出がちょっと厳しいかもしれない、というのが理由です。学割使えるのいいんだけどなぁ。うーむ。

どうするかはまた追記します。


▼追記 結果的にどうすることになったのか、こちらの記事でお伝えしています。



まとめ


今回は、放送大学の資料についてご紹介しました。




▼関連記事はこちら