【画像多め】PayPay残高から支払うようにするには?詳しい設定方法について解説!【QRコード決済】

今回は、PayPay残高を使って買い物をする方法について、画像付きで詳しくご紹介していきたいと思います。




▼PayPay関連記事はこちら



PayPay残高をチェックしよう


PayPay残高で買い物をするには、PayPay残高が残っていないと出来ません。その為まずはPayPay残高がいくら残っているのかを確認しましょう。


▼PayPayアプリを開き、バーコード部分をタップします。



▼そうすると、現在のPayPay残高を見ることが出来ます。筆者のPayPay残高は「328円」だったので、328円分の支払いが出来ます。



※PayPay残高と現金は併用出来ないので注意

Suicaや楽天Edy等の電子マネーでは、残高不足の場合に現金で不足分を補う形で、「電子マネー残高+現金」を併用して支払いが出来ますが、PayPayの場合は残高不足になった場合、現金との併用が出来ません。ですので、支払い時にPayPay残高が足りなくなった時には、「チャージ」をして残高を増やしましょう。もし、チャージなしで残高を出来るだけきっちり使いたい場合は、支払額を計算しながら買い物をすることをおすすめします。


早速、PayPay残高で支払いをしてみよう!


▼PayPayアプリ画面下部の、「支払う」をタップ。



▼そうすると支払いバーコードやQRコードが表示されます。「現在選択されている支払方法」が画面中央に表示されるのですが、既に「PayPay残高払い」で設定されていましたので、こちらが表示されている状態でバーコードを読み取ってもらう、あるいはスキャン払いを行うと、「PayPay残高払い」での支払いになります。



支払方法を変更するには


▼支払方法を変更するには、先ほどの「支払い」画面から、コード下部に表示されている支払方法(今回の場合は、「クレジットカード」と表示されている部分)をタップします。



▼そうすると「支払い方法の選択」画面に切り替わるので、利用したい支払方法をタップします。今回は、PayPay残高払いに変更したいので、「PayPay残高」をタップします。



▼先ほどの「支払い」画面に戻るので、コード下部に「PayPay残高」と表示されていれば、これで支払い方法の設定完了です。「PayPay残高」と表示された状態で、バーコード・QRコード払い、スキャン払いを行うことで、PayPay残高から支払うことが出来ます。



PayPay残高以外の支払い方法にしたい場合も、上記の手順で支払い方法を変更するだけでOKです。


まとめ


今回は、PayPay残高で支払う設定方法について解説しました。


PayPayのダウンロードはこちら(iPhone)

PayPayのダウンロードはこちら(Android)





▼関連記事はこちら